ぬいぐるみ供養ガイド

トップページ


ぬいぐるみの供養を考えているなら・・・

小さい頃からずっと一緒だったぬいぐるみ…。

どんなに汚れてもずっと一緒だった大切な子。
思い入れは強いけどさすがに新居に連れて行くのは…。
だからといってそのまま捨てるのもなんだか忍びない…。


このようなお悩みなら、ぬいぐるみの供養がおすすめです。

神社やお寺でもいいのですが、もしかして霊症?というような何かがある場合は、即対応してくれるサービスを選ぶのがポイントです。

ぬいぐるみが捨てないでと言っているような気がして…


小さい頃からどんな時でもずっと一緒にいたぬいぐるみ。

悲しいことや嬉しいこと、なんでも色々話したね。

大人になりいつしかぬいぐるみに話しかけることもなくなり、思い切って捨ててしまおうかとも思ったけど、「私を捨てないで」と訴えているような気がしてどうしても捨てられない…。

このように気になっている場合は、「ぬいぐるみの供養をしてもらう」というのも一つの手です。

【お急ぎの方へ】
人形供養・ぬいぐるみ供養の葬送堂は、ダンボールひと箱3,300円でぬいぐるみをお祓いしてくれます。しかも届き次第、即お祓い。メールで結果を教えてくれるそうです。


ぬいぐるみの処分について

ぬいぐるみをただの物としてすぐに捨てられるという人もいれば、思い入れがあるからこそ捨てるのに躊躇ってしまうという人もいるかと思います。

ぬいぐるみの処分方法にはいくつか方法がありますので、ご自身が納得できる方法でぬいぐるみを処分しましょう。

■ ごみとして出す

ぬいぐるみは可燃ごみに出すことができます。

UFOキャッチャーのぬいぐるみや、プレゼントされたけど好みでなかったものなど、特に思い入れのないぬいぐるみについては、ごみとして処分するのが最も手っ取り早い処分方法です。

■ メルカリやヤフオクで出品する

アニメやゲームなどの人気キャラクターのものや、プライズ品などはメルカリやヤフオクで高く売れる可能性があります。

状態が良く入手困難なものであれば、想像以上の値が付くこともありますよ。

■ 誰かにあげる

状態の良いものであれば、誰かにあげてしまうというのも1つの手です。

バザーなどに出すのもいいですね。

■ リサイクルショップに売る

新品同様のものであれば、リサイクルショップなどのお店で買い取ってもらえる可能性もあります。

■ 寄付する

不要になったぬいぐるみを無料回収している会社があります。

それらのぬいぐるみは発展途上国で販売され、売り上げの一部が現地の孤児院などに寄付されるという仕組みになっています。

■ 神社やお寺で供養してもらう

全国各地にある神社やお寺ではぬいぐるみや人形の供養・お焚き上げが行われています。

大切にしてきたぬいぐるみをしっかり供養したいという方や、祟りがちょっと怖いという方におすすめです。

ただ、地域によっては近くに対応した神社やお寺が無かったり、決められた時期にしかやっていない場合もありますのでご注意ください。

■ 人形供養・お祓いをする専門サービスに頼む

ぬいぐるみの供養は需要が高いため、いくつか専門サービスもあるようです。

ほとんどが近くの神社やお寺と提携して取次をするタイプのようですが、対応スピードを大切にした専門サービスもあります。

自宅から宅配便で送れることや費用面の安さが特長です。

ぬいぐるみの供養について まとめ

捨てようと思えばすぐに捨てることができるはずのぬいぐるみ。

しかしながら、なんだか抵抗を感じてしまうという人は意外と多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいのが「ぬいぐるみの供養・お祓い」です。

特に、何か気になることが起きている場合はしっかりと確実に対処してもらえるところを探すのが大切です。

全国対応の人形のお祓いサービス

届いたその日に即日対応

  • ダンボール1箱3,300円+送料
  • 大きな箱にまとめて送っても料金は同じ
  • 到着次第、即日でお祓い
  • お祓いできたことをメールで連絡

【対応が可能な人形やお品もの】

●雛人形
七段飾り、三段飾り、五人飾り、親王飾り、御殿飾り、収納飾り、ケース飾り、立雛飾り、手のり雛、つるし雛、衣裳着人形、木目込人形、など

●五月人形
武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、収納飾り、など

●その他の日本人形
市松人形、お迎え人形、浮世人形、つるし飾り、お菊人形、結納人形、博多人形、京人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、和人形、能人形、鍾馗様、など

●海外の人形・アンティーク人形
古い人形、民俗人形、フランス人形、ビスクドール、スーパードルフィー、など

●ぬいぐるみ
プレゼントのぬいぐるみ、手作りのぬいぐるみ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ、など

●着せ替え人形・知育人形・おもちゃ類
リカちゃん人形、バービー人形、ファービー、など

【配送について】
送料は利用者負担(配送手段は都合のよいものを選べます。)

よくある質問

葬送堂の人形のお祓いサービスに関する、質問をQ&A形式でご紹介しています。

Q. どんなダンボール箱でもいいの?

A. 大丈夫です。

大きいダンボールでも小さいダンボールでも1箱3,300円です。

ダンボールに収まる範囲であれば詰め放題です。(20kg以内)

Q. 送ったぬいぐるみはどうなるの?

A. 処分ないしは寄付されます。

お祓いが終わった後は状態が良いものは寄付され、状態があまり良くないものは処分されるとのことです。

お祓いの後に送り返して欲しいという場合は、別途相談とのことでした。

Q. 古くてボロボロになっている場合はどうすればいいの?

A. 透明な袋に入れてください。

布地がボロボロになってるものや、汚れや臭いなどが付着しているものは、透明な袋に入れてからダンボールに入れてください。

Q. 心霊現象が気になるのですが送って大丈夫ですか?

A. もちろん大丈夫です。

葬送堂は人形のお祓いと供養の専門サービスなので、霊障などが気になるぬいぐるみはお祓いをしてもらってから処分することができれば安心ですね。


人形供養コラム

御霊抜き、何と読むか知っていますか?そのまま読んだたらおれいぬきと読めますが、こちらはおしょうぬきと読むのが正解です。

お墓から遺骨を出す際などに行う法要の事で御性根抜きや閉魂法要、閉眼法要、魂抜きとも呼ばれます。

なぜお墓から出す際に魂を抜く必要があるのかというと、そもそもお墓や位牌を使い始める際に御霊入れという儀式を行っているからです。

僧侶が唱えるお経によってお墓や位牌に魂が宿るとされています。

ですので、仏壇やお墓を処分するときには魂が入っていた箱をただの箱に戻してあげなければいけないのです。

ゆえに、御霊入れが行われていないお位牌はただのお位牌なのです。

あなたの家の雛人形は今どこにあるか覚えていますか?20歳もすぎれば雛人形を飾らなくなりますよね。

結婚された子供が引き継いでくれればいいのですが子供を考えていない夫婦の場合無用の長物になる可能性もあります。

小学生くらいを目途に飾らなくなったというご家庭も多いかと思いますし、ただひたすらタンスの肥やしになってしまうのが雛人形ですよね。

これからは終活として家の物を処分しなければいけなくなりますので体が動くうちに諸々処分していくことが大切です。

分解できるものであれば少しずつ処分することができますが、ガラスケースに入っている雛人形はガラス自体が結構な重量となりますので粗大ゴミに出すにもなかなかの重労働です。

家に人形がたくさんあるという方も多いかと思いますが出産のタイミングなどでそろそろ人形を処分したいという人もいるでしょう。

でもリカちゃん人形とかなんだか捨てても戻ってくるようなそんな恐怖感がありますよね。

近所の神社で人形供養を行っていればお願いして供養してもらうことができますが、人形供養をしている神社を見つけるのが難しいかもしれません。

そういう時は郵送で人形供養を受け付けている霊媒師の方にお願いするのが手軽で安心です。

アンティークドールとかって捨てるのになんか躊躇してしまいませんか?魂がこもっているような捨てても捨てても手元に戻ってくるみたいな…。

ホラー映画を思い出してなかなか処分出来ないって人、多いと思います。

そういう場合は家の近くの人形供養を実施している神社などに持ち込んでみることです。

万が一人形に霊などが取りついていたとしてもお祓いをしてもらえば怖くありません。

人形の町として有名な埼玉県岩槻では人形供養祭というイベントが行われています。

飾らなくなったお人形や壊れてしまったお人形を供養してくれるというものです。

対象品は日本人形や雛人形のほかぬいぐるみやフランス人形などです。

五月人形の鎧や兜なども対象となっていますが、陶器でできたものは対象外となっています。

2021年はコロナの影響で中止となりましたが発送による受付は通年行っているそうです。

供養料はお気持ちとのことですが1回4000円からとも記載されているので、最低4000円で、上限はないということかもしれません。

幼稚園の時みんなでお人形遊びをしたことがあるという人は多いですよね。

そんな大切なお人形、いまどこにあるか覚えていますか?お人形をゴミに出せない人にその理由を教えてもらったところ、思い出がありすぎるから捨てられない、お母さんの手作りだから捨てられない、高価なアンティークドールだからなかなか捨てられない、いつも一緒にいた子だったので捨てるのは気が引ける、捨てたらなんだか呪われそうで怖いといった理由がよせられました。

お人形の処分方法にお悩みの方は人形供養でお焚き上げがおすすめです。

最近では箱詰めにして送付するだけでOKという神社も増えていますよ。

いいかげん人形を捨てたいのだけどそのまま捨てるのはなんだか怖い。

神社でお祓いをしてもらいたいと思っても人形供養のお布施っていくらくらい包めばいいのかわからないので結局どうにもすることができずそのままという方はいませんか?人形を処分するのにどうしてお金がかかるの?と思われた方、初詣の時のお守りのように無料でお焚き上げをしてくれませんよ。

肝心のお布施の金額についてですが、直接聞くのは失礼なんじゃないかって思ってしまう人もいますよね。

そんな悩める方におすすめなのがお払いの金額が明示されている人形供養専門サイトです。

小さい頃から集めた人形の処遇にお困りの方、ゴミに出すのはなんだか呪われそうでできれば人形供養に出したいと思われている方いるかと思います。

しかしながら気になるのが料金ですよね。

ゴミとして出してしまえばお金はかからないのですから。

なるべく安い金額で人形供養してくれるところを探しているよという方におすすめしたいのがインターネットで申し込み可能な人形供養です。

ほとんどのところが1箱当たりの価格設定なので明朗会計で依頼しやすいですよ。

ぬいぐるみ供養でお困りなら

スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓